Archive for 2月, 2015

ジャックパーセルというスニーカー

Posted in 美ブログ on 2月 28th, 2015 by 康太 – コメントは受け付けていません。

コンバースのジャックパーセル。

オールスターと並んで、コンバースを代表する歴史あるスニーカーであることは皆さんもご存じのとおりです。

このスニーカーもオールスターのチャック・テイラーと同様に、バドミントン選手のジャック・パーセルがモデルになっているスニーカーです。

70年代の後半くらいから日本でも買えるようになったのだと思います。

このスニーカーは、かかとに付いているブランド名のゴムもジャックパーセルという青いゴムが付いていてコンバースという文字がどこにも無かったのです。

今ではコンバースのスニーカーとして知られていますが、そういうこともあり、当時はコンバース製と知らない人も多くいました。

しかし、このスニーカーはアメリカでは、とても人気のあるスニーカーでした。

ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

あの青春映画、「卒業」で、アルファロメオがガス欠でダスティン・ホフマンが走り出すシーンで履いているスニーカーは、ジャックパーセルです。

「卒業」のクライマックスシーンでヒーローが履いているのは、このジャックパーセルなのです。

また、アメリカの学生運動を題材にした、これも卒業に並ぶ青春映画である「いちご白書」。

この映画で主演したしたブルース・デービスンが映画で履いているのも、やはりジャックパーセルです。

語り継がれるアメリカの青春映画のヒーローが揃ってこのスニーカーを履いているということは、あまり知られてはいないのではないでしょうか。

特に「いちご白書」でのブルース・デービスンの服装は、青いダンガリーシャツ、リーバイスのブルージーンズで、足元はジャックパーセルです。

もう当時のアメリカンカジュアルを物語るようなスタイルで、泣けてきます。

このジャックパーセルは、2005年に、なんと70年ぶりのモデルチェンジをしました。

私に知る限りですが、大きな違いは、ベロの部分です。

このスニーカーは、途中からベロが出ていましたが、現行モデルは普通のスニーカー(例えばオールスター)と同じようになっています。

特徴であった底はスリップ防止の底になっています。

前は水色の何も山の無い底でした。

スニーカー全体の形は、今よりもごつい感じでした。

大切に履き続けたいスニーカーのひとつだと思います。40代メンズ服などと合わせるといいかもしれないですね。

廃車買取でさらに税金還付、乗り換えでプラスになりました

Posted in 美ブログ on 2月 28th, 2015 by 康太 – コメントは受け付けていません。

走行距離が20万キロを超えた愛車三菱ディオンをどうしようかと、しばらく悩んでいました。

ディーラーに相談すると、せいぜい買い取っても一万円、いやいや処分するための料金を戴かなければならないかもしれませんねぇ~、という返事。

さてさて困ったぞ、と他の中古車屋さんを覗いても似たような返事ばかりでした。

ただしうちで新しく車を買ってくれるなら処分料はサービス致します、とか。

さりとて気に入った車があるわけでなし。

あれこれ悩んでいた折も折、新聞のチラシ広告に廃車買い取りのエルバさんが掲載されていました。

早速電話をすると、車種名で一万五千円という返答、これならいつも懇意にしているディーラーよりよっぽどわかりやすく良心的ではないですか。

わかりました、近日中に伺います、という事で、ひとまず車の処理に関しては一件落着となりました。

次に代替の車の購入ですが、これもかなり悩んでネットで調べあげました。

輸送費云々ネットでやり取りしていた折も折、近所の方が親戚が亡くなられたとかで、その形見分けのような形で車を二台譲り受けたという事でした。

これまで所持していた車と合わせると四台になり、持て余しているとの事でした。

それじゃあ丁度こちらも所望していたところですけど、因みにおいくらでしょうか?と商談を持ちかければ、三万円でどうでしょう、という返事。

三万円なら、しばらく次が見つかるまでの繋ぎとしても悪い買い物ではない、と即決しました。

ご近所の顔見知りですので何の心配もなく購入しました。

この時点で金額的にはマイナス一万五千円、しかしここから仕事の合間を縫って、自分で廃車手続をしたために税金がそのまま還付されることとなりました。

車税、重量税合わせて確か二万円くらいは戻って来たと思います。

2000ccの車から660ccの軽自動車にランクダウンしたとはいえ、まさか乗り換えに際して、お金がプラスになるとは思いもよらないことでした。

いろいろなタイミングが幸運だったと思います。

景気の先行きが危なっかしいので、当分軽自動車で生活しようと思っています。

今度乗り換えるとき、この軽自動車が三万円以上で売れたらすごいな、と思いますけど、それはいくら何でも欲張りすぎですね。

時折訪れるご近所さんに見守られながら、大切に乗っています。車を売却する際は自動車売るなども参考にしてみるといいと思います。

自分のための服を見つけたい!

Posted in 美ブログ on 2月 4th, 2015 by 康太 – コメントは受け付けていません。

私には「買いたい!」と思う服がありました。

その服とは大学に行く通学中に出会いました。

いつものように通学路を歩いていたのですが、ふと私の目の前を歩いている男子学生の服が目に入りました。

その服はパーカータイプのダウンジャケットでした。

一見すると、何の変哲もないよくありそうなダウンジャケットだと感じられると思います。

しかし、私にはとても魅力的に感じられました。

その理由はピッタリ感にあると思いました。

私も人のことを言えたものではないのですが、その学生はとても小柄でした。

小柄な男子にとって冬服というのはとても厄介な存在です。

ただでさえ脚が長くないのに、着こむことで横が膨らむとさらに脚が短く見えてしまうからです。

なので、基本的にもこもこして横に広がりがあるダウンジャケットというのは私は好きではありませんでした。

しかし、その学生が着ているダウンジャケットは小柄な彼にぴったり合っていました。

着ていても不細工なことになっていません。

まさに彼のために用意されたような服でした。

私はここに感動を覚えたのです。

あるタイプの服が欲しいというのよりも、自分のサイズにピッタリの服が欲しいという方がはるかに探すのが大変です。

サイズはS,M,L,XLなどといった感じで分けられていますが、それでもその幅は大雑把なものです。

ピッタリとまではいきません。

また、背丈、袖丈、肩幅など、さらに細かい部分にまでこだわるとなると、本当に見つけにくくなってしまいます。

ネット通販によっていろんな服と出会えるようになりましたが、試着ができないのでネット通販では納得のいくものを見つけることができません。

大学はもう卒業してしまいましたが、それから数年経った今でも私は出会うことができていません。

どれを着ても納得しいないので、彼女や友人からは、”特別ファッションにこだわりがないのにこだわるやつ”と思われてしまっています。

あの感動を自分自身でも体験したいと、今でも強く思い続けています。40代メンズ通販のように通販サイトを確認しながらカッコよくおしゃれに決めていきたいですね。