廃車買取でさらに税金還付、乗り換えでプラスになりました

Posted in 美ブログ on 2月 28th, 2015 by 康太 – コメントは受け付けていません。

走行距離が20万キロを超えた愛車三菱ディオンをどうしようかと、しばらく悩んでいました。

ディーラーに相談すると、せいぜい買い取っても一万円、いやいや処分するための料金を戴かなければならないかもしれませんねぇ~、という返事。

さてさて困ったぞ、と他の中古車屋さんを覗いても似たような返事ばかりでした。

ただしうちで新しく車を買ってくれるなら処分料はサービス致します、とか。

さりとて気に入った車があるわけでなし。

あれこれ悩んでいた折も折、新聞のチラシ広告に廃車買い取りのエルバさんが掲載されていました。

早速電話をすると、車種名で一万五千円という返答、これならいつも懇意にしているディーラーよりよっぽどわかりやすく良心的ではないですか。

わかりました、近日中に伺います、という事で、ひとまず車の処理に関しては一件落着となりました。

次に代替の車の購入ですが、これもかなり悩んでネットで調べあげました。

輸送費云々ネットでやり取りしていた折も折、近所の方が親戚が亡くなられたとかで、その形見分けのような形で車を二台譲り受けたという事でした。

これまで所持していた車と合わせると四台になり、持て余しているとの事でした。

それじゃあ丁度こちらも所望していたところですけど、因みにおいくらでしょうか?と商談を持ちかければ、三万円でどうでしょう、という返事。

三万円なら、しばらく次が見つかるまでの繋ぎとしても悪い買い物ではない、と即決しました。

ご近所の顔見知りですので何の心配もなく購入しました。

この時点で金額的にはマイナス一万五千円、しかしここから仕事の合間を縫って、自分で廃車手続をしたために税金がそのまま還付されることとなりました。

車税、重量税合わせて確か二万円くらいは戻って来たと思います。

2000ccの車から660ccの軽自動車にランクダウンしたとはいえ、まさか乗り換えに際して、お金がプラスになるとは思いもよらないことでした。

いろいろなタイミングが幸運だったと思います。

景気の先行きが危なっかしいので、当分軽自動車で生活しようと思っています。

今度乗り換えるとき、この軽自動車が三万円以上で売れたらすごいな、と思いますけど、それはいくら何でも欲張りすぎですね。

時折訪れるご近所さんに見守られながら、大切に乗っています。車を売却する際は自動車売るなども参考にしてみるといいと思います。

Comments are closed.