お気に入りのお店がとつぜん…。

Posted in 美ブログ on 9月 5th, 2014 by 康太 – コメントは受け付けていません。

私が以前通っていた沖縄那覇安謝美容室は、家族経営なのか美容師さんが1人か2人しかいない、こじんまりしたお店でした。

家から徒歩圏内で、元々、たまたまお散歩中にそのお店を見つけて、飛び込みで入ってみたのが最初でした。

店の前にはカットメニューなどのプライスリスト付きのボードがあって、それまで自分が行っていたお店よりも少し安かったので、いいかも…と思ったのです。

おそるおそるドアを開けてみたら、たぶん40代前半かな?というくらいの年ごろの美容師さんが迎えてくれました。

「予約なしですけどいいですか?」と言ったら、「はい、今でしたら大丈夫ですよ」と快く迎えてくれました。

初めてだったので、まずはあまり冒険しないで、「1センチくらい、毛先を揃える程度で…」とお願いしました。

きびきびとした動きで、手早くカットしてくれる様子に、「ああ、これはいいお店を見つけたかもしれない」と思いました。

それからは、ひと月半から2ヶ月に一度くらいのペースで、通うようになりました。

私はあまり、おしゃべりの多い美容師さんは好きではないのですが、うるさいほどのおしゃべりもなく、でもヘアスタイルの相談には親身に相談にのってくれるし、対応も良かったのです。

お客さんも、私が行ったときにはたいがい他にもいましたし、電話で予約を取る時も、いい時間帯には埋まっていることも多く、それなりに繁盛していたのだと思います。

ところが、ある日ちょっと時間ができて、予約なしで直接お店に向かった日のことでした。

なんだかお店の様子がおかしい…。

定休日ではないはずなのに、プライスボードも出ていないし、OPENのサインも出ていない。

お休みかな、と窓から中をのぞいてみたら、もぬけのからだったんです!イスも待合ソファもなく、ただ壁に鏡があるだけの、がらんとした室内。

ひと月ちょっと前に髪を切ったときには、何も聞いていなかったのに。

倒産してしまったんでしょうか…。

「閉店します」という貼り紙すら、ありませんでした。

電話をしても、「使われておりません」状態。

気に入っていたお店だけに、とても残念なできごとでした。

Comments are closed.