葉酸食品を食べて体質改善

Posted in 美ブログ on 11月 11th, 2014 by 康太 – コメントは受け付けていません。

妊娠を希望している女性や妊娠初期には葉酸が欠かせません。

妊娠初期の赤ちゃんにはたくさん葉酸が必要だからです。

赤ちゃんの脳や神経を作る大事な栄養素なので、特に妊娠初期の女性は葉酸食品をたくさん食べておく必要があります。

もしも、葉酸が不足してしまうと赤ちゃんの栄養が足りない状態となってしまいます。

では、大事な葉酸がたっぷり入っている葉酸食品はどのようなものなのでしょうか。

野菜であれば、枝豆やモロヘイヤ、アスパラガスなどがあります。

茹でた状態であっても葉酸がたっぷりと含まれた状態ですので、火を通して食べやすくすると良いでしょう。

また、動物性であればレバーがお勧めです。

うにやウナギなどにも多く含まれています。

これらの動物性食品には、ビタミンAが豊富に含まれているのですが、食べすぎてしまうと母体や赤ちゃんにあまり良くありません。

むしろ、悪影響となる可能性もありますから、過剰摂取はしないように気を付けましょう。

和食にも葉酸食品はたくさんあります。

大豆イソフラボンが入っていると言うこともあって大豆製品を食べる人が多いのですが、大豆製品にも葉酸が豊富に含まれています。

納豆や豆腐など大豆の加工食品を積極的に食べるようにするのもお勧めです。

海藻類や果物にも葉酸が含まれています。

食事のときには、海藻類も積極的に食べるようにすると良いでしょう。

低カロリーですし、水溶性食物繊維も多いのでお通じにも良いです。

甘いものが好きな人はおやつに果物を食べるようにするのがお勧めです。

妊娠してから葉酸食品を食べるよりも妊娠に備えて早めに葉酸を意識した食生活にしたほうが良いです。

妊娠したいと思っているのなら葉酸食品を食べていつ妊娠しても良い状態にしましょう。商品については、葉酸食品と葉酸サプリの賢い選び方を見てみると良いです。

妊娠してすぐに自分で自覚するわけではないからです。

妊娠初期に必要な栄養素ですから、普段から大豆製品やレバーなどを食べるようにしましょう。

和食中心であれば自然と葉酸を補うことができます。

Comments are closed.